【ニードル脱毛まとめ】料金・痛み『メリット&デメリット』口コミは?│全身脱毛千葉ZC01

全身脱毛千葉

『ニードル脱毛って痛い?』効果・料金はどれくらい?口コミ公開中

 

『ニードル脱毛って痛い?』効果・料金はどれくらい?口コミ公開中に関して詳しく説明している画像

 

 

 

 

1.ニードル脱毛の『効果&痛み』は?

 

ニードル脱毛の『効果&痛み』は?に関して詳しく説明している画像

 

 

1-1.ニードル脱毛の『効果』や仕組み

 

 

ニードル脱毛は、毛穴に直接針を挿入して脱毛する方法です。

 

そもそもニードル脱毛ってなに?

 

ニードル脱毛は『針脱毛』とも呼ばれています。毛穴に直接針を挿入し、弱い電流を流して脱毛するので、脱毛効果が高いことが特徴です。

 

ニードル脱毛の仕組みに関して詳しく説明している画像

 

 

3〜4回の脱毛(1年くらい)でツルツルにすることができます。毛が生えていれば脱毛できるので、白髪・タトゥー・ほくろなどのレーザーでできない箇所の脱毛もできます。

 

 

 

ニードル脱毛は『クリニック』と『エステサロン』で行うことができます。では、クリニックとエステのニードル脱毛は、どのように違うのでしょうか?

 

 

 

医療(クリニック)の場合

 

クリニックの場合、『絶縁針脱毛』という針を使い、脱毛していきます。『絶縁針』とは、絶縁体がコーティングされている針のことで、肌に電気を通さず皮下組織にだけ電気を流すので、火傷などのリスクが低い脱毛方法です。

 

強い電流を流すことができるので、効果も高いことが特徴です。

 

絶縁針脱毛

@ 絶縁体がコーティングされた針を使う。
(皮下組織部分のみに電流を流す。)
A 皮膚へは通電しない。
(強い電力でも火傷の心配がない。)
B 医師・看護師免許が必要。
C ニードル脱毛の中では最新。
D 針は個人専用のモノを使用するので衛生的。

 

 

 

 

火傷の心配がないのは安心ですね♪

 


 

また、医療機関なので、痛みが強い場合は『麻酔』を使ってくれたり、軟膏や飲み薬を処方してくれたりします。

 

 

 

脱毛サロンの場合

 

脱毛サロンの場合、『美容電気脱毛』という方法で脱毛します。プローブという、細くて先端の丸い電極を毛穴に挿入して、弱い電流を流します。毛穴に挿入する『プローブ』は、使い捨てなので衛生的です。

 

そして、脱毛サロンでは、同じニードル脱毛でも様々な脱毛方法があります。

 

『電気分解法(直流針脱毛)』の特徴

@ 効果が高い、昔のニードルのやり方。
A 電流を流し、電気分解で毛根を溶かす方法。
B 痛みがかなり強い。時間もかかる。
C 火傷・色素沈着のリスクが高い。
D 現在はあまりおこなわれていない。

☆ 今主流の方法 ☆
『フラッシュ法(高周波針脱毛)』

@ 効果は直流より劣る
A 交流電流を流し、熱で毛根を溶かす方法。
B 痛み・火傷のリスクを抑えることができる
C 施術時間が短い。
D 現在サロンで主流の方法

『ブレンド法(直流+フラッシュ)』の特徴

@ 直流とフラッシュを組み合わせた方法
A 効果の高さ&痛みの軽減が目的で作られた。
B 今はほとんど行われていない方法

 

 

 

 

サロンでは、フラッシュ法が今の主流のやり方なんですね♪

 


 

エステでは、火傷などの肌トラブルが起こっても、薬の処方がないので注意です。医療機関と提携しているサロンを選ぶようにしましょう。

 

 

 

ニードル脱毛と言っても色んな方法があるんですね。ニードル脱毛は、1本1本の毛穴に挿入して脱毛していくので、効果がが高く、すぐに脱毛効果を感じることができます。

 

ニードル脱毛は1本1本直接脱毛するので、効果が高い脱毛方法です!

 

 

 

1-2.やっぱり『痛み』は強いの?

 

 

やっぱり『痛み』は強いの?に関して詳しく説明している画像

 

 

昔に比べて、耐えられないような痛さではありません。

 

 

レーザー脱毛・光脱毛に比べて、痛みは強いですが、昔よりも痛くない方法で脱毛できるので『我慢できない痛みではない』ようです。

 

しかし、直接針を毛穴に入れて脱毛する方法なので、技術者に左右されやすいと言えます。そのため、大手のクリニック・サロンで脱毛することをオススメします。

 

 

痛みの強さ

ニードル脱毛

痛みを抑える方法でやれば、耐えられないほどの痛みではない。

レーザー脱毛

痛い。VIO・脇など毛が濃い部位は特に痛い。

光脱毛

痛みがほとんどない。チクッとする程度。

 

 

 

 

今は、昔よりも痛みが少なくなっているんですね♪

 


 

クリニック・サロンによっては、ニードル脱毛の『お試し』をやっているところもあります。部位によりますが、4,000円〜お試しできるところもあるので、カウンセリングに行ってみてお試しして決めるのもアリだと思います。

 

部位や脱毛方法にもよりますが、耐えられないほどの痛みではないです!

 

 

 

2.【料金】ニードル脱毛の相場

 

【料金】ニードル脱毛の相場に関して詳しく説明している画像

 

 

ニードル脱毛の料金は、クリニック・サロンによって、金額の幅があります。

 

 

ニードル脱毛の料金は、光脱毛・レーザー脱毛に比べて安いとは言えません。そのため、部分的に脱毛するのには、効果的ですが、広範囲の脱毛には向かないです。

 

 

では、相場はどれくらいなのでしょうか?クリニックとサロンの料金をそれぞれ見ていきます。

 

時間・本数の単位での料金

クリニック

サロン

時間

500〜600円/1分

100〜250円/1分

本数

400円〜/1本

130円〜/1本

 

 

 

 

クリニックとサロンでは、料金の差が大きいですね!

 


 

クリニックもサロンも、本数より『時間』で料金設定しているところが多いようです。では、部位別での料金は、どれくらいがかかるのでしょうか?

 

 

部位別の料金

部位

クリニック

サロン

10〜20万円

8〜15万円

15〜25万円

12〜20万円

Vライン

15〜20万円

12〜15万円

ひざ下

20〜30万円

15〜25万円

 

 

クリニックもサロンも料金が結構高いですね…。ちなみに、クリニックでは、さらにこのような費用がかかってきます。

 

 

クリニックの場合かかる費用

名目

費用

理由

初診料

3,000円

初期費用

テスト脱毛

5,000円

初期費用

血液検査

4,000〜6,000円

HIV・肝炎などの感染がないか検査

局所麻酔

5,000円

痛みが強い場合のみ

針代

4,000円〜6,000円

衛生上、一人一人交換するため

軟膏代

500〜3,000円

痛み・赤みを抑える、保湿

 

 

 

そのため、『タトゥー・ほくろ・あざ・白髪』の部分など、レーザーや光脱毛で脱毛できない部位を、ニードル脱毛で施術するという方法がオススメです。

 

 

ニードル脱毛は、料金が高めなので、部分的な脱毛ならオススメです!

 

 

 

3.ニードル脱毛の『メリット&デメリット』

 

ニードル脱毛の『メリット&デメリット』に関して詳しく説明している画像

 

 

3-1.ニードル脱毛の『メリット』って?

 

 

ニードル脱毛には、5つのメリットがあります。

 

 

ニードル脱毛の大きなメリットは、『レーザー脱毛・光脱毛でできない部分、肌質の脱毛ができる』ということです。

 

 

どういうことでしょうか?詳しく解説していきます。

 

脱毛の効果が高い

 

ニードル脱毛は、1本1本毛穴に入れて電気を流して脱毛する方法なので、確実にムダ毛を脱毛することができます。また、効果も施術後に目に見えるので、『早くつるつるにしたい!』『永久脱毛をしたい!』という人には向いています。

 

 

脱毛可能な部位・肌質が多い

 

レーザー脱毛や光脱毛では、黒い光に反応する光を当てて脱毛するので、肌が黒い場合は脱毛することができませんが、ニードル脱毛は、レーザー脱毛・光脱毛ができない肌質も脱毛することができます。

 

ニードル脱毛ができる肌質

にきび・アトピー・黒い肌・大きなシミ・ほくろ・あざ・タトゥー

ニードル脱毛ができる部位

眉上・眉下・眉間・目の周り・Iラインの粘膜部分

 

 

産毛・白髪も脱毛OK

 

レーザー脱毛・光脱毛で脱毛ができない『白髪』の脱毛が、ニードル脱毛では脱毛することができます。また、他の方法だと脱毛しにくい、『産毛』の脱毛もできます。

 

 

永久脱毛ができる

 

ニードル脱毛は、毛根の奥にある毛を作る組織自体を破壊するので、処理された毛穴からムダ毛が生えることがありません。そのため、『永久脱毛』と言われています。

 

ニードル脱毛では、成長期のムダ毛の毛穴に針を挿入して脱毛するので、2〜3ヶ月に1回通い、毛周期に合わせ脱毛することで『1年〜1年半』で脱毛が完了します。

 

 

脱毛前の自己処理がいらない

 

ニードル脱毛では、ムダ毛を伸ばした状態で脱毛するので、自己処理の必要がありません。理想の長さは『2〜3p』です。長すぎる場合は、事前にはさみでカットしておきましょう。

 

 

 

 

レーザー・光脱毛で処理できない部分を脱毛するのがオススメです♪

 


 

永久脱毛ができたり、レーザー脱毛ができない部分も脱毛することができます!

 

 

 

3-2.ニードル脱毛の『デメリット』って?

 

 

ニードル脱毛の『デメリット』って?に関して詳しく説明している画像

 

 

ニードル脱毛は、『2つのデメリット』があります。

 

ニードル脱毛のデメリットは、『痛みが強いこと』と『料金が高いこと』です。

 

痛みが強い

 

ニードル脱毛は、昔ほど痛くなくなってはいるものの、痛みに弱い人には向いていない脱毛方法です。麻酔もすることができますが、完全に痛いわけではなく、追加料金もかかります。

 

 

料金が高い

 

ニードル脱毛の最大のデメリットは、『料金の高さ』です。

 

そのため、『レーザー脱毛・光脱毛で処理できない部位』『白髪になっている部分』など、狭い範囲の脱毛をする時にはオススメですが、広範囲だと、料金も高く、時間もかかるためオススメできません。

 

 

妊娠中の場合は、ニードル脱毛できないので気をつけましょう。

 

 

 

ニードル脱毛は、範囲が狭い脱毛に向いています♪

 


 

ニードル脱毛のデメリットは、料金の高さと痛みの強さです!

 

 

 

4.ニードル脱毛はこんな人にオススメ

 

ニードル脱毛はこんな人にオススメに関して詳しく説明している画像

 

 

ニードル脱毛が向いている人は、こんな人です!

 

ニードル脱毛がオススメのパターン

@

レーザー・光脱毛で脱毛完了したけど、残っている産毛が気になっている場合

A

光脱毛で、硬毛化してしまった場合

B

タトゥー・白髪・あざなど、他の脱毛方法で脱毛できない場合

C

目の周りの脱毛がしたい場合

D

料金が高くても、永久脱毛をしたい場合

 

 

 

 

レーザー・光脱毛できない部分を、ニードルで脱毛するのがオススメです♪

 


 

 

最近は、レーザー脱毛も光脱毛も、気軽にできるようになっているため、わざわざ痛みを我慢して、高い料金のニードル脱毛をするよりは、レーザー脱毛や光脱毛がオススメです。

 

しかし、レーザー脱毛・光脱毛でできない箇所を、『部分的に脱毛する』分には、ニードル脱毛は効果的でお得だと思います。

 

 

ニードル脱毛でしかできない部位があれば、そこだけ脱毛するのがオススメです!

 

 

 

5.【ニードル脱毛】まとめ

 

【ニードル脱毛】まとめに関して詳しく説明している画像

 

 

『ニードル脱毛』について、3つのポイントでまとめました。

 

 

@ニードル脱毛は、レーザー・光脱毛でできない箇所も脱毛ができる

 

A昔より痛みは少なく、我慢できないほどの痛みではない

 

B料金が高いため、他の脱毛で処理できない部分的な脱毛にオススメ

 

 

ニードル脱毛は、昔からある脱毛方法です。効果はかなり高いですが、料金の高さが一番のデメリットです。しかし、レーザー・光脱毛が不可の部分だけを脱毛するには、確実な脱毛方法でお得なのでオススメです。

 

 

 

部分的にニードル脱毛するのがオススメです♪

 


 

ニードル脱毛は、効果が高いので、部分的に脱毛するならオススメです!

 

 

 

6.【ニードル脱毛】口コミ大公開

 

【ニードル脱毛】口コミ大公開に関して詳しく説明している画像

 

 

 1.耐えれる痛みだった!

 

針脱毛を受けた理由は、色素の濃い部分がレーザー脱毛できなかったからです。

 

最初は、毛の生えかわり周期の説明と血液検査を受けました。 クリニックで施術を受けましたが、始めにどれくらい痛みがあるかを試してから、施術という流れでした。弱めの電流をながして脱毛する方法で、少しピリッとする感じでした。

 

思ったよりも痛くもなく、20分くらいで終わりました。

 

脱毛した当日は、赤みが出て少しヒリヒリしていました。しかし、その後、術後のクリームを処方された塗り薬を、説明を受けた通り、寝る前に塗ったので赤みは引きました。

 

その後、一度脱毛した部分からは、毛が生えてきていないので、やってみて良かったと思います。

 

年齢

評価

28歳

【ニードル脱毛まとめ】料金・痛み『メリット&デメリット』口コミは?│全身脱毛千葉ZC01

 

 2.痛すぎる…

 

脇をお試しでやってみたことあります。正直、痛かったです。。。穴1本1本に針を刺すので、すごく時間がかかりました。

 

そして、表面にに見えている毛は一部に過ぎないので、眠っている毛穴にも全て処置するとなると,かなりの金額になるかと思います。お試しした後に、友達に聞いたら、脇だけで数十万になったと聞きました。

 

ちなみにお試しでやった時は、一時的にはツルツルになりましたが、すぐに別の毛穴から生えてきたので、どこを脱毛したかしていないか、自分では分からなくなりました。

 

年齢

評価

29歳

【ニードル脱毛まとめ】料金・痛み『メリット&デメリット』口コミは?│全身脱毛千葉ZC01

 

 3.レーザー脱毛が断然オススメです!

 

かなり痛いです!!!私はワキをニードル脱毛しましたが、身をよじってしまうほど痛かったことを覚えています。また、個人差はあると思いますが、生理前の時は、痛さ倍増でした…。1本1本なので時間もかかり、大変でした…。

 

ちなみに、1年くらい前に、ヒザ下をレーザーで脱毛しましたが、パチンとした痛みでつらくなかったです。毛深い方なのですが、5回程でほとんど生えてこなくなりました。個人的にはレーザーがおすすめです!短時間でできるのもメリットです。

 

年齢

評価

35歳

【ニードル脱毛まとめ】料金・痛み『メリット&デメリット』口コミは?│全身脱毛千葉ZC01

 

 4.10年前にやったけど…

 

もし、針脱毛をしようと思っているなら、クリニックでレーザー脱毛をすることをお薦めします。

 

約10年前は針脱毛くらいしかやっておらず、まれにレーザー脱毛があるくらいだったので、某サロンで脇下をやってもらいました。

 

当時の価格で約30万円でした。毛根に針を差し込み、空気を送って、毛穴を広げながらやったのですが、かなりの激痛で、初めの何回かは号泣してしまいました・・・

 

頑張ったおかげで、現在はつるつるなのですが、今はレーザー脱毛もあるので、あえて針脱毛をすることはないと思います。

 

年齢

評価

38歳

【ニードル脱毛まとめ】料金・痛み『メリット&デメリット』口コミは?│全身脱毛千葉ZC01

 

 5.白い毛も脱毛できました!

 

あごに、白い太い毛が10本近くあり悩んでいました。そして、鼻下・唇の周囲や、唇の上のムダ毛も脱毛したかったのですが、他のクリニックで、細かい部分・唇の上は、火傷の可能性があるので、無理と言われました。

 

レーザー脱毛では、白い毛だと効果がないと知ったので、針脱毛できるところを探していました。

 

針脱毛について、予め、調べてから施術したのですが、レーザー脱毛よりも、痛くなかったです。一瞬なので、ビックリするくらい楽でした。20分程の施術でしたが、あっという間でしたよ。

 

全く赤く腫れる感じもなく、違和感もないですし、何より、かなり毛量が少なくなり、思い切って針脱毛をして良かったと思いました。

 

年齢

評価

40歳

【ニードル脱毛まとめ】料金・痛み『メリット&デメリット』口コミは?│全身脱毛千葉ZC01

 

 

 

 

 

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

全身脱毛千葉に関する画像

 【どのサロンが安い?】千葉でおすすめの全身脱毛サロン特集

 

全身脱毛サロンて多すぎてどこを選んだらいいのかわからないという方多くないですか?そこで、最新の全身脱毛で人気のサロンを公開中です!

 

 

 

【ニードル脱毛まとめ】料金・痛み『メリット&デメリット』口コミは?│全身脱毛千葉ZC01関連ページ

【ブラジリアンワックスは効果ない?】メリット、デメリットなど徹底調査│全身脱毛千葉ZC01