脱毛ラボ【クーリングオフ完全マニュアル】宛先・書き方・返金など解説

全身脱毛千葉

【脱毛ラボのクーリングオフ方法】いつ返金される?

 

【脱毛ラボのクーリングオフ方法】いつ返金される?に関して詳しく説明している画像

 

 

 

 

1.脱毛ラボ【クーリングオフの条件】

 

脱毛ラボ【クーリングオフの条件】に関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛ラボの契約をクーリングオフをするには、どんな条件が必要なのでしょうか?

 

条件
@ 契約日から数えて『8日以内』
A 契約金額が『5万円以上』の場合
B 契約期間が『1ヶ月以上』の場合

 

 

 

脱毛ラボでは、『パックプラン』を契約していた場合、クーリングオフの条件に当てはまり、8日以内なら『頭金を含む契約金を全額』返金されます。

 

月額制プランの場合、クーリングオフの条件い当てはまらないので『中途解約』になります。

 

 

 

 

脱毛ラボでクーリングオフできるのは『パックプランのみ』です♪

 


 

※ 脱毛ラボに限らず、クーリングオフの手続きは『書面』になります。電話だけではできないですし、トラブルのもとになるので(返金されないなど)気をつけましょう。

 

 

脱毛ラボでは、パックの契約で条件に当てはまればクーリングオフできます!

 

 

 

2.クーリングオフの『書き方』マニュアル

 

クーリングオフの『書き方』マニュアルに関して詳しく説明している画像

 

 

2-1.『宛先』は?何を書けば良い?

 

 

宛先は、店舗ではなく『脱毛ラボの本社』になります。

 

 

クーリングオフは、書面でしかできません。では、どこにクーリングオフの書類を送るのかというと、店舗ではなく、『脱毛ラボの本社』になります。

 

・運営会社 → 株式会社セドナエンタープライズ
・脱毛ラボ本社住所 → 東京都港区港南2-16-1品川イーストワンタワー16階

 

 

 

また、クーリングオフの書面はハガキでも大丈夫ですが、文字数が決まっているので『内容証明紙』で書くのをオススメします。『内容証明紙』は文具店で購入できます。

 

クーリングオフ書面の『文字数』

 

・縦書き → 1行に20字以内、1枚に26行以内
・横書き → 1行に20字以内、1枚に26行以内
       1行に13字以内、1枚に40行以内

 

 

クーリングオフ書面例

脱毛ラボの本社住所に関して詳しく説明している画像

 

 

 

※ 『クレジットカード決済・ローン払い』をした場合は、同じ書面をもう1枚書きます。そして、クーリングオフの書面はコピーで構わないので、自分用の控えも用意しておきます。

 

 

 

 

コチラの内容が書いてあればOKです♪

 


 

書く内容
契約日 契約解除の旨
脱毛ラボの会社名・店舗名 書面を書いた日付
契約したコース名 あなたの住所・名前
契約したコースの総額 振込口座の情報
(銀行名・支店名・口座の種類・口座番号)

 

 

『契約解除の旨』は、あいまいな表現を使わず『契約を解除します。』とハッキリとした表現で明記しましょう。また、トラブルを避けるために、普通郵便ではなく『内容証明』で必ず送ります。

 

次の項目で内容証明の送り方について解説します。

 

クーリングオフの書面は、必要事項を書いて脱毛ラボの本社へ送りましょう!

 

 

 

2-2.『内容証明』の出し方を解説

 

 

『内容証明』の出し方を解説に関して詳しく説明している画像

 

 

内容証明の手続きは、『30分』くらいで簡単に終わります。

 

 

『内容証明』は、どこの郵便局でもできるわけではなく、大きめの郵便局で取り扱っています。そのため、あらかじめ、内容証明の取り扱いがある郵便局をネットで探しておくのがオススメです。

 

 

郵便局へ行ったら『約30分』で手続きが終わります。手続きの内容はこのような感じです。

 

@ 窓口で内容の確認(10分くらい)
A 封をする
B 受領・郵送(『書留郵便物受領証』を渡される)

 

 

 

 

また、手続きに必要な持ち物がこちらです♪

 


 

内容証明に『必要な持ち物』

 

・クーリングオフの書面3〜4通
・封筒1〜2通
・内容証明の料金
・印鑑 (間違いがあった場合、訂正印で必要)

 

※ クレジット・ローン支払いの場合『クーリングオフ書面が4通・封筒が2通』

 

 

クーリングオフの書面は、『脱毛ラボへ送る用・郵便局に保管用・自分の控え用・(クレジット、ローン会社用)』で必要になるので、コピーで良いので3〜4通の書面を準備します。そして、郵便料がこちらになります。

 

 

内容証明にかかる費用
費用
郵便料金 82円
内容証明料 430円
書留料 430円
配達証明料 310円
合計 1,252円

 

内容証明の場合は、郵便料金以外にも費用が掛かるので、忘れずに持っていくようにしましょう。

 

内容証明の手続きは、郵便局で簡単に30分くらいで完了します!

 

 

 

3.【脱毛ラボのクーリングオフ】Q&A

 

【脱毛ラボのクーリングオフ】Q&Aに関して詳しく説明している画像

 

 

3-1.脱毛ラボからの『返金』はいつ?

 

 

通常だと『約1ヶ月以内』には返金されます。

 

脱毛ラボでは、クーリングオフの手続き後、脱毛ラボの本社から『1ヶ月以内』に返金されます。返金は、書類に指定した口座に振り込みされます。

 

『1ヶ月』を過ぎても返金されなかったら?

 

『1ヶ月』経っても、指定の口座へ振り込みされていなかった場合は、脱毛ラボのコールセンターへ連絡しましょう。書類の不備や、手違いが考えられます。

 

 

脱毛ラボの『コールセンター』

詳細
コールセンタ― 0120-2626-17
受付時間 10時〜20時半(正月を除く)

 

 

 

それでも返金が遅い場合は、返金されるまで何回も電話しましょう!

 


 

返金が遅い場合は、脱毛ラボのコールセンターへ電話して確認しましょう!

 

 

 

3-2.『クレジット・ローン』払いをした場合は?

 

 

脱毛ラボで『クレジット・ローン』払いをした場合は?に関して詳しく説明している画像

 

 

クレジット・ローン会社にもクーリングオフ書面を、郵送しましょう。

 

 

クレジットカード決済・ローン分割支払いをした場合は、脱毛ラボの本社へ送ったクーリングオフの書面を『クレジットカード会社』『ローン会社』へ送りましょう。

 

 

そうすることによって、1回目の支払いが始まる前に引き落としをストップすることができます。

 

 

 

 

クーリングオフの手続きは早い方がオススメです!

 


 

クーリングオフの書面を『クレジット会社』『ローン会社』にも送りましょう!

 

 

 

3-3.クーリングオフ期間を過ぎた場合は?

 

 

クーリングオフ期間を過ぎた場合は?に関して詳しく説明している画像

 

 

クーリングオフ期間を過ぎたら『中途解約』になります。

 

 

クーリングオフの期間を過ぎると、『中途解約』になるので、解約手数料を引かれ、脱毛ラボの本社から返金されます。解約手数料は、『残回数の10%』もしくは『2万円』のどちらか安い方になります。

 

 

 

 

 

解約前に脱毛している場合は、回数に応じて返金額が変わります!

 


 

クーリングオフ期間が過ぎても、手数料を引かれ中途解約できます!

 

 

(参考)
脱毛ラボ【解約方法】返金はいくら?クレジット払いをした場合は?