【脱毛前後10個の注意点】準備&気をつけたいポイントまとめ

全身脱毛千葉

『脱毛前・脱毛後』に注意する10のコト

 

『脱毛前・脱毛後』に注意する10のコトに関して詳しく説明している画像

 

 

 

 

1.脱毛前『6つの注意点』とは?

 

脱毛前『6つの注意点』とは?に関して詳しく説明している画像

 

 

1-1.自己処理は『2日前』までに

 

 

脱毛前は『自己処理』をする必要があります。

 

 

脱毛サロンやクリニックで脱毛をする前は、事前に自己処理をします。予約の2日前には自己処理を済ませ、前日に剃り残しがないかチェックするのがオススメです。

 

『VIO・背中』など、自分では処理しづらい部位は、脱毛サロン・クリニックの『シェービングサービス』を利用して、スタッフの人に処理して貰うと肌を傷付けずに済みます。(シェービング代は、サロンによって違うので注意しましょう)

 

 

※ 自己処理は、『カミソリ』を使うより『電気シェーバー』を使った方が肌への負担を減らすことができます。

 

 

 

肌を傷付けないように、丁寧に処理しましょう♪

 


 

脱毛前に自己処理する理由は?

理由

@

ムダ毛が伸びた状態で脱毛すると、火傷をする可能性がある

A

ムダ毛が伸びた状態だと、脱毛効果が半減するから

 

 

ムダ毛が伸びていることで、毛根を刺激する光を『伸びたムダ毛部分』が邪魔をし、火傷の原因になったり、や脱毛効果が低くなるので、自己処理が必要なんですね。

 

脱毛前の自己処理は2日前に済ませ、前日に剃り残しがないか確認しましょう!

 

 

 

1-2.脱毛中の『日焼け』はNG

 

 

日焼けに要注意に関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛期間中は『日焼けは絶対にNG』です。

 

 

脱毛は、黒いものに反応する光を使っています。そのため、肌が日焼けで黒くなっていると、肌にも反応してしまい、火傷などの肌トラブルになるだけでなく、脱毛の効果もなくなってしまいます。

 

また、日焼けは、紫外線で肌がやけどをした状態になっており、ダメージを受けた肌に、さらに脱毛で刺激を与えると、肌荒れなどの原因になってしまいます。

 

 

 

 

脱毛中の日焼けは『シミ』になりやすいので注意が必要です…

 


 

日焼けした肌は、火傷などの肌トラブルやシミの原因になるので注意です!

 

 

 

1-3.『予防接種』する日に注意

 

 

予防接種の後は要注意に関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛前に予防接種をしたら、脱毛不可の理由は2つあります。

 

理由

@

注射の針によって肌にダメージ(傷)が残っていること

A

予防接種で発熱・腫れなどの影響を受ける可能性がある

 

 

 

 

予防接種は、脱毛前後にするのは避けるのが無難です♪

 


 

『予防接種の前後10日』は、脱毛サロンやクリニックで脱毛をすることができないと言われています。しかし、サロン・クリニックで期間に差があるので、サロン・クリニック・医師に確認してから予防接種をする日を決めることをオススメします。

 

事前に相談して、予防接種の日を決めるのが確実です!

 

 

 

1-4.『薬の服用』はNG

 

 

薬の種類によっては脱毛ができなくなるに関する画像

 

 

特にアトピーやピルを飲んでいる場合、注意が必要です。

 

 

一般的に、薬の副作用による影響を考え、脱毛の前日・当日に薬の服用していると、脱毛することができません。

 

特に、他にもアトピーでステロイドを使っている場合や、ピルを服用している場合はもっと期間が長くなる可能性があるので、事前に確認しておきましょう。(サロンで異なりますが、大体2週間〜1ヶ月くらい)

 

 

 

 

薬を服用している場合、サロン&主治医どちらにも確認しましょう!

 


 

ステロイド・ピルNGの理由は?

 

薬の効果によってホルモンバランスが変化したことによって脱毛効果が下がってしまうことが考えれれるからです。また、ステロイド系の塗り薬では脱毛器からの光を吸収しやすくする働きがあり、火傷の危険性が高まってしまうからです。

 

 

薬によっては、脱毛効果が半減したり肌トラブルの心配があります!

 

 

 

1-5.当日『肌に何もつけない』

 

 

当日『肌に何もつけない』に関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛の前に、『日焼け止め』や『油分の多いクリーム』は避けましょう。

 

 

脱毛前に日焼け止めや油分の多いクリーム、制汗スプレーをつけていると、毛穴に成分が入り込んでしまい、脱毛効果が落ちてしまうので、つけないことをオススメします。

 

 

対策

日焼け

日焼け止めの代わりに、『日傘・長袖・帽子・サングラス』で代用

アルコールなど含まれていない『ウェットシート』を持参

メイク

薄めのメイク・施術前にパウダールームでしっかり落とす

 

 

 

 

しっかり対策をして、効果的に脱毛しましょう♪

 


 

※脱毛部位にボディピアスをしてる場合、脱毛の時は外しておきましょう。

 

脱毛の効果が落ちてしまうので、施術前にしっかり落としておきましょう!

 

 

 

1-6.『生理中の脱毛』に注意

 

 

『生理中の脱毛』に注意に関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛が生理期間に被ってしまったら、注意しましょう。

 

 

生理中に『VIO・ヒップ』の脱毛は、衛生上の理由から脱毛できないサロン・クリニックが多いです。

 

もし、キャンセル・変更の期限を過ぎて生理になった場合、体調が良ければ『VIO・ヒップ以外』の脱毛をした方が消化にならないのでオススメです。

 

 

しかし、生理の時は、ホルモンバランスの影響で肌が敏感になっています。そのため、脱毛すると、人によっては『かゆみや赤み』などの肌トラブルへの原因になります。そのため、もし、体調が悪い場合は無理をせず、キャンセルするようにしましょう。

 

 

 

体調が悪くなった場合は、無理をせずキャンセルしましょう♪

 


 

生理不順の場合、予約に融通が利くプランにしたり、キャンセルしてしまってもペナルティが緩いサロンにするのもオススメです。

 

生理の期間中は肌トラブルが起きやすいので延期するようにしましょう!

 

 

 

2.脱毛後『4つの注意点』とは?

 

脱毛後『4つの注意点』とは?に関して詳しく説明している画像

 

 

2-1.いつも以上に『日焼け対策』をする

 

 

脱毛後の肌は、紫外線の影響をかなり受けやすくなっています。

 

 

脱毛後は、肌が刺激を受け、バリア機能が大きく低下しているので、紫外線の影響を受けやすい状態です。いつも以上に、『シミ・くすみ』になりやすいので、日傘・帽子・長袖で、紫外線対策をしっかりしましょう。

 

 

 

 

脱毛後は特に紫外線対策を徹底しましょう♪

 


 

夏場の脱毛は、紫外線対策が大変なので、『秋〜冬』にかけて脱毛を始めるのがオススメです。『秋〜冬』なら、肌の露出が増える夏に間に合いますし、紫外線も春〜夏より少なめなので対策しやすいです。

 

脱毛後の肌は、特に紫外線対策を万全にしましょう!

 

 

 

2-2.『代謝が上がる行為』はNG

 

 

『代謝が上がる行為』はNGに関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛後は、代謝が上がる行為を避けるようにしてください。

 

 

脱毛後に代謝が上がるような行為をすると、体温が上がり、『赤みが出る』『かゆみが出る』『痛みが出る』などの肌トラブルの原因になってしまいます。

 

そのため、脱毛後は入浴はせず、シャワーだけで済ませ、シャワー後はしっかり保湿をするようにしましょう。

 

 

代謝が上がってしまうので、このような行為はしないようにしましょう。

 

代謝の上がる行為

飲酒

入浴

サウナ

スポーツ

温泉

海・プール

 

 

 

 

代謝が上がると、赤み・かゆみが出やすくなるんですね!

 


 

また、脱毛後の肌が敏感な状態で『プール・海・温泉』へ行くと、たくさんの人が集まる場所なので、いつもは感染しないような細菌に感染し、炎症を起こしてしまう可能性があるので避けましょう。

 

もし、『プール・海・温泉』へ行く前後に脱毛の予約をしたい場合は、『前後一週間』は空けて予約するのがオススメです。

 

脱毛後は、肌トラブル回避のため、代謝が上がる行為は避けましょう!

 

 

 

2-3.『保湿ケア』を充分にする

 

 

『保湿ケア』を充分にするに関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛後にシャワーを浴びたら脱毛箇所の保湿はしっかりとしましょう。

 

 

脱毛後の肌は、乾燥しやすく肌トラブルが起きやすい状態なので、『化粧水・乳液』を使い、いつも以上に保湿をしましょう。化粧水は、アルコールなどの刺激になるようなモノが入ってない化粧水がオススメです。

 

 

 

 

冬は特に乾燥しやすいので、加湿器をかけるなど工夫しましょう♪

 


 

サロンによっては、自宅ケア用品を販売しているところもあるので、それを使ってケアするのもオススメです。

 

脱毛後の肌にはいつも以上に保湿を心がけるようにしてください!

 

 

 

2-4.『毛抜き&ワックス』はNG

 

 

『毛抜き&ワックス』はNGに関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛期間中に『毛抜き・ワックス』など毛を抜く自己処理は、絶対KGです。

 

 

脱毛は、毛根の『黒い色』に反応し、脱毛を行っていきます。しかし、『毛抜き・ワックス・脱毛テープ』のように『ムダ毛を抜く』自己処理をしてしまうと、脱毛すべき毛根がないので、脱毛をしている意味がなくなってしまいます。

 

 

 

 

脱毛中に抜いてしまうと脱毛が終わらないんですね…

 


 

また、『毛抜・やワックス・脱毛テープ』での自己処理は、毛穴より大きい毛根を無理やり引き抜く行為です。そのため、肌トラブルの原因になります。

 

『毛を抜く自己処理』での肌トラブル

鳥肌のような状態になる

埋没毛

色素沈着し黒ずむ

かぶれ・かゆみ

 

 

脱毛中だけでなく、肌をキレイに保ちたいなら『毛を抜く自己処理』はしないことをオススメします。

 

毛を抜く自己処理は、肌へのダメージが大きいので避けましょう!

 

 

(参考)
ブラジリアンワックスは脱毛?除毛?その効果を徹底調査

 

 

 

3.【脱毛前後の注意点】まとめ

 

【脱毛前後の注意点】まとめに関して詳しく説明している画像

 

 

『脱毛前後の注意点』について、3つのポイントのまとめました。

 

 

@脱毛前は『自己処理』を必ずしていく

 

A脱毛期間中は、日焼け・保湿対策を徹底する

 

B薬を服用している場合は、主治医・サロンに予約前に相談する

 

 

脱毛前後は『肌のケアを怠らないこと』が一番大切です。何か不安なことがあれば、すぐにサロン・クリニックへ相談しましょう。

 

 

 

脱毛前後に気をつけて、ツルツルの肌になりましょう♪

 


 

脱毛前後は、肌のケアに気をつけしっかり準備して脱毛に行きましょう!

 

 

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

全身脱毛千葉に関する画像

 【どのサロンが安い?】千葉でおすすめの全身脱毛サロン特集

 

全身脱毛サロンはたくさんあってどこを選んだらいいのかわからないという方多くないですか?そこで、最新の全身脱毛で人気のサロンを公開中です!